人気ブログランキング |
ブログトップ

メリケンヘッドクォーターズ MHQ

merican198.exblog.jp

過去・現在・未来のLoopline

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧







人の時間と生きた証を考えさせられる出来事があった。








玄関の名も知れぬ赤い蕾の花が幾つも今にも開花しようとしている。
主を失った家の生命力の美しさに時が止まる。







節目節目で想うことは今までもあったが、もしかすると・・・・・こんな風に考えていたのか
残されたモノから連想する。







物言わぬモノが語りかけてくる。






多感な思春期、全てをスポーツに注いだと言っても過言ではない。
中学・高校・大学と一つの競技を通じて喜びや悲しみ、高揚感と挫折、わき目も振らなかった。
必ず大輪の花を咲かせる日が来ると信じていた。







誰よりも家族が応援してくれていた。






上に上がれば上がるほど世間が見えたと同時に自身の力量も手に取るように分かった。
努力で身体能力をカバー出来ない境界線が見えた時、自身で幕を引いた。







家族・・・父も母も何も言わなかった。
幼いころ身体が弱かった私が私なりに努力して歩んだ道のりを見守ってくれていたこと・・・
本当に嬉しく思っている。ただただ喜ばせたかった。







母を失い十九年、そして父を失ってから七年の月日が流れ、重い腰を上げた遺品整理・・・・・







当時のユニフォームを見ながら、その時の両親の年齢となった私が、もし父や母と話が出来るとするならば、
今、こうしてこの年齢で挑戦している自分をどんな風に見つめていてくれるのだろうか。






きっとあの時と同じで、何を言うでもなく、決めた事をただ応援してくれていることだろう。







いつの間にか物が擬人化し助け出しているような錯覚にとらわれる。
玄関の赤い花・・・・・持ち帰りたい衝動を振り払い家を後にした。






人それぞれ、その人にとって大切な物があり時がある。
どんなにちっぽけな物でも捨てることはできないもの。






私にとってそれは・・・・・







入舩郁也






















































by merican-hq | 2018-04-25 11:00






耳を傾けた。









週末ごとにスクランブル交差点では街頭演説・・・・・。









当然今突きつけられている様々な問題や追求しなければならない案件を表現し、
組織・個人の主義主張を叫ぶ。それが間違っている、正しいと言う話ではない。
単純に不愉快な発言もあるし、短い時間だ我慢しろと言うことならば益々いかがなものかと思う。まして話している、叫んでいる話は、すでにネットやテレビで流れている情報で皆が知っている若しくは一度は耳にした話である。










我々はこのエリアで店舗を構えお客様とのやり取り、何より生活が有る。中には貴重なお休みでご家族との時間を楽しまれている方々やその空間と時間を想像し、このエリアにいらっしゃる方々、そんな皆様と接する機会がある。










昭和・平成と時代も移り変わり、新しい年号へと目まぐるしく変化していく時代に、変わらぬ手法で市民・県民・国民へ訴えかける手段を選択している事こそが、
変化を生み出すことができない側の悲しい現実のような気がしてならない。










どれだけ汗を流したか、声を枯らしたかではなく、批判するばかりではなく、対案をだす。そしてそれが納得いく事ならば、まだしも・・・・・。
音楽でもどれほど素晴らしい音楽でも、ジャンルや好みが有るように今聞きたい話なのか、時間帯なのか、シチュエーションなのか。









ならば・・・・・
ネットと連動した専門の掲示板や道路交通に問題がない空間にでも投影し、アプローチする。
例えばこのビルの壁面は政治・このビルの壁面はスポーツ、このビルの壁面は・・・など聞きたい人はスマホからチャネルを合わせ等・・・と言う手法も一つ。言わば、たばこの副流煙と同じ状態が、人々の自由を束縛しているのである。
そしてビル側も収益事業として運営し、メッセージを発信する側も許可と時間を選択する。
それを事前に告知し、本人がその投影された正面に立ち対応する。











カルチャーはこう言う忙しく人が往来する場所からと言うセオリーで大きくなることは最早限りなく少なくなりつつある。
今も昔もこんな静かな所から・・・意外な・・・
と言うような所から生み出され、そしてそこに自然発生型に人が集まるものだ。
何時の時代も私利私欲のない魂の叫びは人の心に突き刺さる。









学歴・性別・年齢関係ない。
時を超えてそんなリーダーを国民は求めている。フェアーなリーダーを。
そう・・・・・
私たちの国の論点は叫ばれている別のところにあるような気がしてならない。















入舩郁也

















by merican-hq | 2018-04-17 11:00