ブログトップ

メリケンヘッドクォーターズ MHQ

merican198.exblog.jp

過去・現在・未来のLoopline

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧





いよいよ来週 開催 !!! 





文鹿祭 (春鹿の杜)




~森と人とを繋ぎ、調和のとれた自然環境を次世代へ繋ぐ~




<日時> 2018 2・27(TUE) AM10:00~PM7:00
<場所>生田神社(神戸三宮)
<参加>入場無料





主催:ひょうご二ホンジカ推進ネットワーク
協賛団体:株式会社コウエイ・株式会社日本海水
協力:一般社団法人 兵庫県猟友会/一般社団法人ディアーフレンズジャパン
後援:兵庫県鳥獣対策課/兵庫県森林動物研究センター
企画:株式会社メリケンヘッドクォーターズ





皆様のお越しを心よりお待ち致しております。









株式会社メリケンヘッドクォーターズ
代表取締役
ひょうご二ホンジカ推進ネットワーク
会長 入舩郁也




































[PR]
by merican-hq | 2018-02-20 11:00







幾度となく折に触れて・・・・・













日本のゲームフィッシング、キャッチ&リリースにヘラブナ釣りがあり、
アメリカのキャッチ&リリース、ゲームフィッシングにブラックバス、ルアー釣りがある。











両者とも日本の同地域に生息し、私も随分と長い間・・・約半世紀、ゲームフィッシングと係わってきた。
所謂ヘラ釣りもすればルアーフィッシングもする。












日本ではとりわけブラックバスは外来種で固有種の日本の魚を食べてしまう。生態系を脅かす悪者、
ここで言う日本固有種は善と言う解釈でひとまとめにされる。


 









違和感を感じずにはいられない。
そもそもブラックバスが海を泳ぎ、新天地を求めて自身の意思でやってきた訳ではない。
そこには人間の欲望や思惑が絡み合い、お金にならなければ悪者扱い。輸入される外来種でもマーケットがあれば良しとされるわけだ。












この様な見方・角度と、固有種の絶滅が危惧される背景や有識者の警告も当然理解できる。













ただ殺処分するだけではなく、どのようにその生き物たちと係わり、共存することが出来るのであろうか。
私が鹿に纏わる事業を始めた切っ掛けや、今に至る事業の方向性、全てが私のアイデンティティーと言える。












アメリカでは時に鹿狩をゲームと称する。
襲ってこない動物・逃げ惑う動物をライフル等で撃つことをゲームと言うそうです。
ディアハンターと言う映画もありますが言われれば確かにそうかも知れません。











害獣・・・・・捕えて命を奪う。増えすぎた個体をその地域の適正な生息数にする。
絶滅とは減少だけではなく、増えすぎるそのこと自体も絶滅へ向かっているのですね。
ならば已むを得ず奪った命、せめて食べてあげたい。そう考えるのは特殊なものではない。
子供の教育を名目に、また地域の強弱等など、悪者と言う一括りで過剰に発信するのも如何なものかと思う。












そんな中・・・・・
派手さは無いが、中小・零細企業にも出来ることはあります。











ただ、ただ現状を消費者へシンプルに伝え、開発と研究を繰り返し、何とか鹿肉や鹿革を利活用する。
より良い物をお客様へお届けする為、実店舗を都心部にリスクし展開。
民間企業としての発想と行動力を持って努力する。収益事業として厳しい状況を耐え忍ぶ。
その後ここ数年来、我々のアクションが市場を拡大し、
取り扱う業者・ホテル関連・レストラン等 様々な事業主に影響を与え、
消費が増える。今後そしてその収益をそれぞれが納税者として行政に収め、
地域の活力や様々な起爆剤となる。我々㈱メリケンヘッドクォーターズもその一躍を担っております。
実はこの様に大小関係無く、いつの時代も無数の起業が一つの新たな産業や文化を生み出しているのです。
私が考えるCSRはこれであります。













【 鹿鳴茶流入舩 】 に有る ヘラ竿やヘラ浮、【 HOWDY DOODY 】 に有る ルアーやリール
それぞれの道具や工業製品、プロダクトは純粋に魚を釣り上げる目的で時代時代で遊び心を散りばめながら
我々人間に様々なことを語りかけてまいります。



















                             株式会社メリケンヘッドクォーターズ
                                  代表取締役 入舩郁也


















[PR]
by merican-hq | 2018-02-04 11:00