人気ブログランキング |
ブログトップ

メリケンヘッドクォーターズ MHQ

merican198.exblog.jp

過去・現在・未来のLoopline

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧








        ひょうご二ホンジカ推進ネットワーク・関連団体の皆様、本日は早朝からご苦労様でした。



d0163558_18203671.jpg



                           【 ひょうご森のまつり2016 】



d0163558_18234364.jpg




                      三熊山で開催されたイベントも終始和やかな雰囲気の中、




d0163558_18310716.jpg




                     いっきゅうさんの鹿肉バーガーに鹿肉コロッケ鹿肉串カツ



d0163558_18350719.jpg



以前、文鹿祭でもいただいた( さよう しか てりやきチーズバーガー )の味が忘れられず・・・
リピートさせていただきました。




d0163558_18390885.jpg





この度は串カツコロッケ勿論、鹿肉・・・安定感のある美味しさ流石です。





d0163558_18454682.jpg




さよう しか てりやきチーズバーガー





d0163558_18494503.jpg




皆様も機会が有ればぜひ召し上がって頂きたい。




d0163558_18573364.jpg






こちらは珍しいですね。炭火焼鹿肉フランクフルト。ビュジュアルも非常にそそります。





d0163558_19001624.jpg




見逃してはいけない隣の竜田揚げと一緒にいただきました。
この段階でどんだけ食べる・・・
ですがここは鹿肉・・・・・あっさりいけちゃいます。



d0163558_19041714.jpg




香ばしい表面パリッとはじける食感とジューシー竜田揚げ、両者とも新しいのに懐かしい。
美味しくいただきました。

こちらはプリウスひめじさん。





d0163558_19080894.jpg




そして夢咲鹿工房 兵庫県猟友会姫路支部によるワイルドかつ繊細な、シカ・イノシシ焼肉にシカ鍋。




d0163558_19120432.jpg




d0163558_19155900.jpg




このテントで暮らせそうです。この二種類で人は生きていけそうな気がしました。
有り難うございます。










このようにイベントが開催されることで、より身近に森を感じ、
そしてその命を頂き、育む事で我々の命を繋いでいるのですね。
自然との共存などと言うと難しい話になりそうですが、
ごみをしないマナーだったり、残さずいただいたりと、
身近なことから始めること・・・・・出来ると思います。










今日は皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。













ひょうご二ホンジカ推進ネットワーク
会長 
株式会社メリケンヘッドクォーターズ
代表取締役
           入舩郁也














































by merican-hq | 2016-11-06 15:00










紅葉の見どころは11月中頃です。テレビから流れてきた放送に目を向けると、昨年の映像をご覧ください。











赤や黄色、色付いた木々がトンネルのように重なり合い、陽の光が優しく葉の合間からこぼれている。











街は銀杏の黄色でレンガ敷きの歩道を占領し、ゆっくり歩くお年寄りに子供連れの乳母車、穏やかな時間と人々の装い。











気温とは逆に、暖かい感情が内側から溢れてくる。











幼いころ、家族で出かける夕食や買い物に心が躍った。
勿論ご馳走や何か買ってもらえるかもしれない予感もあるが、
それ以上に父や母や姉との楽しい時間やドライブすることで見る流れる景色。










少しイレギュラーなルートで目的地までとなると、ワクワクする気持ちで外を見ていた。
季節は今頃、少し肌寒く車の暖房を小にして、すっかり日が暮れた街の灯りに、
幸せな自分とそこにある生活を遠い山の向こうまで光る光が無数に輝いて、
想像の世界はそれぞれの暖かい家庭を映し出している。










決して裕福ではない状況で当時の父や母が私に注いでくれた愛情をフッとした時に思い出す。
レストランでお腹がいっぱいと言いながら、注文し出てきた食事に一口も口を付けず、
私の皿にエビフライ定食のエビフライを乗せる。おかずがなくなった定食を食べる父の行動が
今、この年齢になり、痛いほど理解できる。











人は気持ちまで貧しくなってはいけない。
間もなく、木々が色付く山の向こう・・・・・
夕方5時30分ともなればすっかり日が落ち、無数の灯りが星のように斜面を形どる。
暖かい家族を想像させてくれた両親に感謝し、私には、どんなことが出来るのだろうか。












鹿に纏わる事業も様々なメディアに取り上げて頂く機会が多くなり、
生意気ではあるが、事実微細ながら光を放ってきた。問題を提起し、注目もされるようにもなった。
光一つ一つに命があるように、それぞれの事業や環境、立ち位置で完全に交わることは無いにせよ、
メリットがあるないだけで割り切るにはテーマが大きい。
意見を持ち寄る、人任せにすることなく参加することで理解が深まる。傍観し後に意見を言うのではなく、
大企業、零細、規模関係なく今すぐにでも声を上げる勇気が必要なのではないだろうか。
そして、そんな中から本当の幸せや素晴らしい未来が生み出されるのではないだろうか。
大人の責任とは・・・・・私はそんな風に思います。
















                    株式会社メリケンヘッドクォーターズ
                              入舩郁也


























































































by merican-hq | 2016-11-01 11:00