人気ブログランキング |
ブログトップ

メリケンヘッドクォーターズ MHQ

merican198.exblog.jp

過去・現在・未来のLoopline

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧






先日のギフトショウに引き続き、



MaG
 



展示会に出展致します。



東京 青山スパイラルホールにて

3月8日(火)〜10日(木) 

開催となります。

皆様とお会いできる日を楽しみにしております。















株式会社メリケンヘッドクォーターズ

入舩郁也
   















by merican-hq | 2016-02-22 11:00








文鹿祭



春鹿の杜






平成28年3月15日(火)









「文鹿祭(ぶんかさい)春鹿の杜」を開催させていただきます。

「文鹿祭」は、日本国内における二ホンジカに纏わる社会問題はじめ、
地域自然資源としての利活用の重要性、鹿肉の需要促進および普及を目的としています。
兵庫県下はじめ、被害が深刻化な関西地域から発信し、
日本各地において理解と普及に繋がっていくことを目指しております。












企画 株式会社メリケンヘッドクォーターズ




























by merican-hq | 2016-02-15 11:00








2月 3日・4日・5日 【 東京ギフトショウ 】
国際展示場/弊社ブースに多数ご来場いただき、誠に有り難うございました。あれだけ沢山のカテゴリーとブースの中で、皆様方と巡り合えたご縁を大切に、又、前例のないプロダクトにご賛同・ご支持いただけました事を感謝致します。
d0163558_1145017.jpg


直接商品に手で触れて頂き、又、ご試着していただくこと・ご試食していただく事でいただいた貴重なご意見やご感想を我々プロダクトに反映し、より良い物をお届けできますよう日々精進を重ねて参ります。今後とも何卒宜しくお願い申しあげます。












今日は距離についてお話ししたいと思います。
SNSが進み、人の距離が近くなったようで、遠くなったような気がするのは何故だろうか。
LINEの書き込みが露呈し、腹の中が浮き彫りになる話とは裏腹に、面と向かってでないと本当に大切なことが伝わらない気がして・・・・・私はそんな気がして仕方がないのです。
そしてそんな日常のさりげないところに深い愛情は有るのだと思います。







時々すれ違うおばあさんが、あっ・・・・・今日は私とビンゴを追い越していった。








歳の頃は80代後半だろうか、いや90代か、身長は私の半分くらいにも見える。
腰が曲がり、荷物を引きながらの姿は印象に残る。








寄り道が好きなビンゴとの出社は想像以上に時間がかかり、お店につく頃には、私もビンゴもくたくたになる。
小一時間の間にも出会いと目にする風景があります。








視線をビンゴから前方に移すと、先程の追い越していったおばあさんが、左足を抑え立ち止まる。そして又足を抑え、引きずるように歩いている所まで追いついた。








コマ付の荷物の蓋を開け、顔をゆがめながらチューブを取り出した。
私とビンゴは足を止め、チューブが適切に酸素吸入器に接続できるか・・・・・。
いや、絡まったチューブが解けるか・・・・・。
歩き出すまで様子を見守った。








おばあさんが酸素ボンベを使い、チューブで呼吸している姿をよく目にしていたので、荷物の蓋を触った瞬間にすぐにそれだと解った。









母が生きていたならば70代、老いて行く母や父の姿を目にすることは辛く、正直、世話をすることも簡単なことではないと想像する。又そのように人に聞く。ただ、生きていたならば、少しでも親孝行出来るチャンスがあったのではと、この歳になり、父と母の愛情を痛切に感じる時があります。そして私には後悔しかなく、がむしゃらに働く事しかできなかった。今も、これからも。










世話を焼くつもりもないが、気になって仕方がない。何かあったらと、何度も振り返り、様子を窺う。どうやら無事にチューブが繋がり歩き出した。
様々なシーンが頭をよぎった。事情もあるだろうが・・・・・。









命がある場所には、気配や空気が存在し、加工された世界から読み取れるイメージは作られた薄っぺらいものでしかない。絶対的な物は自身の経験からなる物が大多数を占めると私は思います。気づく大切さを磨いていかなくては危うい気がする。








そして、事態から目を背けて逃げていては何の解決にもならない。それが途轍もなく厳しい道のりでも投げ出すこと、黙り込むこと、少なくとも今の私にはできない。立場が人を創ると言いますが、今の若者が立場を必要としない理由も分かるような気がする。向き合い解決策を模索する時、自身も傷つくからであろう。そうやって人は強くなっていくという教育を放棄した時点で無関心な社会が顔を出す。どのような形の優しさが人間には必要なのであろうか。大けがをするまで放置するか見捨てるか、世知がない世の中になってしまったのか。人を思う気持ちに気づくまで、本質まで到達するには時間がかかるのかもしれない。

皆さんはどう思いますか。










今日も急がなくては・・・・・
































                        株式会社メリケンヘッドクォーターズ

                                    入舩郁也

























by merican-hq | 2016-02-13 11:00








通勤・・・・・ビンゴと一緒にお店へ向かう。
彼にとっては14年の道のりで・・・・・片道4〜5キロ。
ここ数日、途轍もなく寒い日が続いた。
いつもの洋服選び。私じゃありません。勿論、彼の洋服であります。







数少ないレパートリーの中から今日は赤のフード付きを彼は選びました。
お気に入りか一張羅・・・・・
青の物には牙をむき出し、赤のフード付きには尻尾を振って背中を向ける。
これ、着せてくれのポーズであります。分かりました。







交差点、寒いので真っ直ぐ行くか・・・
いやいや、失礼しました。そういえば今日はおしゃれしていましたね。
商店街を通って・・・・・ジョシュワちゃんに会えたら良いですね。
そう・・・・・「一張羅はみんなにあります」。

by merican-hq | 2016-02-01 11:00