ブログトップ

メリケンヘッドクォーターズ MHQ

merican198.exblog.jp

過去・現在・未来のLoopline

<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧









今は大会社と言われる会社も、昔は町工場やパパママショップと揶揄される小さなお店からスタートしているところは多い。それぞれ努力は勿論のこと、小バカにする人とは別に、応援してくれる人がいたから大きな会社、
人々に必要とされる会社に近づけたのだ。









道半ば・・・・・
若いころ、体裁ばかり気にして物事の本質を見出すことができなかった。
負けず嫌いの性格が生み出した物、失った物。振り返るにはまだ浅いが、
今も助けてもらうことが多い。











恩返しが出来るよう、挑戦を続けて行かなくてはならない。











そして今、そんな想いが詰まった製品が一つ、また一つと上がってきている。
日本の 野鹿 の革を使った衣類や雑貨、その肉を使用したレトルト食品。そしてその鹿を捕らえる為に使用したライフルの薬莢はアクセサリーとなり、
やむを得ず奪わなくてはならない命に新たな命を吹き込む。











家畜ではなく、【 日本の本州の野生鹿 】兵庫県の鹿であります。













SPRING 2016  

2月3日(WED) 4日(THU) 5日(FRI)

THE 81st  

TOKYO INTERNATIONAL GIFT SHOW

東京ビックサイト











小さな会社が出来る事・・・・・ご覧ください。













皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。























                  株式会社メリケンヘッドクォーターズ

                             入舩郁也











































[PR]
by merican-hq | 2016-01-20 11:00




Spring2016

2月3日(wed) 4日(thu) 5日(fri)





THE 81st TOKYO INTERNATIONAL

Gift Show 東京ビックサイト


出展致します。

http://www.bogaboga-loopline.com/




宜しくお願い申しあげます。








                        株式会社メリケンヘッドクォーターズ

                                代表取締役 入舩郁也

































[PR]
by merican-hq | 2016-01-13 11:00




世の中の進化に挑む。






大層な話ではないので、新春お正月モードで気楽に見ていただきたい。






私は音楽が好きで、特に何と言う訳ではないが、耳に入ってくるその瞬間に、
これだ・なんとなく、気に入り度合も色々ありますが、その時のモードで変化しますよね。





そんな時、瞬時に音楽をひらうアプリ   【 SoundHound  】

町中、歩きながらでも、食事中でも、これ何?に答えてくれる。
素晴らしいのは、映像も見ることができ、さらに別ボーカルからアマチュアのYouTubeまで広がりを見せる。





ただ私はこのアプリの新しい可能性が好きで・・・・・





それはちょっとうろ覚えの曲を歌い、SoundHound にひらわせる。
結果、正確に読み取れない場合もあるが、時にアフリカの音楽や、インドの音楽、とにかく創造を超えてくるセレクトがあります。人によっては完璧に歌いこなし、読み取ってもらうことで、自身の歌唱力に満足するも良いだろうが、私はやはり意外性を期待したい。





無理難題を言い、知らない歌を歌ってもらう。





新春のゲームにいかがでしょうか。














                              入舩郁也




















[PR]
by merican-hq | 2016-01-07 11:00















                       新年あけましておめでとうございます。










昨年は国際情勢も大きく揺れ動き、遠い国の出来事がSNSを通して、ダイレクトにマーケットに影響を及ぼし、様々な情報がより不安定な景況感を創り出している感がありました。

メディアの在り方とSNSを手軽に使用できる消費者側も真実を見極める力が、今試されているのではないかと思います。一人一人の決断が様々な問題を解決していく糸口になり、操作された情報を選択する、選別することは自身を守り、又、愛する誰かを守ることに繋がるのではないかと私は思います。各地で起こる紛争やテロ、災害で2011年3月11日東日本大震災・福島の原発事故から5年の月日が経とうとしております。現在も不自由な暮らしを余儀なくされておられる方々が一日でも早く再建し、希望が持てる暮らしが実現できますよう心からお祈り申し上げます。阪神淡路大震災を経て生かされている我々が、被災された皆様に、活気に満ちた未来が想像できますよう、又様々な困難に臆することなく日常生活の中で溌剌と暮らしていく姿をお見せできるようチャレンジして参ります。国内の内需を拡大することは、血液を循環させる上で必要不可欠であると考え、私共が取り組んでおります鹿に纏わる事業展開も多くの方々のお力添えで新たな局面を迎えつつあり、業種・業界の垣根を超えて、次のステージに向かっております。先ずは召し上がっていただき、ご使用していただける製品をより多く提供させていただく。そのことが循環させる上で必ずや意味を成すことと思い、皆様のお声がけが我々の原動力となっております。






日本における昨今、アパレル、美容、総括してファッション業界・飲食業界、所謂サービス業を目指す若者等の労働力不足を嘆いている皆様方、ご同業社様、スタッフの皆様へ、私はこのように思います。我々が何時からか現場から仮想空間にビジネスを移行させて以来、人を育てる労力をSNSに注いだ結果が今を創り出しているのだと。責任は若者だけにある訳ではなく、むしろ我々が導いた結果なのかもしれません。こんなに面白くない業界ではなかったはずで、夢を抱いて活気に満ちた若者のエネルギーが街中で輝いていたあの頃、好きであるというシンプルな気持ち、お客様の喜んでいらっしゃるお姿、笑顔がそのまま素直に喜びに変わる瞬間を誰よりも目の前で体感する。本来はそういう職業であるはずであります。時には辛いこともありますが、現場は感動に満ち溢れています。SNSで物と物とのやり取りで、しっかり物が届くか、その後の対応は、何時からか粗さがしばかりし、ますます希薄になってしまった日本人の人間関係と、めんどくさいという言葉だけで片づけるにはあまりにも寂しすぎる。






私共は株式会社メリケンヘッドクォーターズです。鹿の循環事業を通じて出会った皆様、アパレル・飲食事業共に若者が目指し、そして、そのことが業界の未来を豊かにし、日本の活力に変えて行けることを強く願います。







今から3年前、兵庫県の会議で私が鹿の害獣問題から、肉革共に有効利用し、とりわけ鹿肉をアスリートに供給し、オリンピックで活躍する選手を育て支援していく案を用紙にまとめ、「絶対にやります」発表した時、夢のような話と口々に言われていた方々も、このタイミングでそのような発言をなされるように変化してきたこと、方向性を示すことができたことは非常に意味があったと確信いたしております。







2019年ラクビ―WC・2020年には東京オリンピック・パラリンピックと、挑戦するアスリートの姿が我々に勇気を与えてくれる。夢に向かってチャレンジする全ての人が輝く瞬間を目の当たりにした時、あらゆる困難を乗り越える力に変わります。2016年、様々な形でアスリートを支援し、皆様とともに突き進んでいけますよう本年も邁進して参る所存でございます。何卒宜しくお願い申しあげます。






最後に、本年の皆様のご健勝とご活躍を祈念し、年頭の挨拶とさせていただきます。










                    株式会社メリケンヘッドクォーターズ 代表取締役
                    一般社団法人ディアーフレンズジャパン 理事
                    ひょうご二ホンジカ推進ネットワーク 副理事

                                      入舩 郁也































































[PR]
by merican-hq | 2016-01-01 11:00