ブログトップ

メリケンヘッドクォーターズ MHQ

merican198.exblog.jp

過去・現在・未来のLoopline

<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧




VOLⅡ





間もなく・・・・・
11月21日(土曜日)予定18:00~










心地よい音楽&美味しいお酒 そして最高の鹿肉












 
インディゴナイト開催に伴い Paris の街角が この元町北通りに出現致します
 

 









第二回となります本年度 indigo night インディゴナイトは










indigo Knight








昨年同様  blue のカラーに身を包み男性は女性に献身的で高貴な
Knight ナイト 騎士となりJK(ジャケット)着用でお越し下さいますよう
宜しくお願い申しあげます。













パリの路地裏を散歩する感覚でお越しください。











主催 株式会社メリケンヘッドクォーターズ

詳しくは MHQ 公式ホームページ等ご覧ください。




















[PR]
by merican-hq | 2015-10-21 11:00








街もすっかり秋の気配






人は急ぎ足で携帯片手に・・・・・
こちらが先方の行動を予測し、注意深く見てないとぶつかりそうになる。
近頃は自転車でも・・・・・







お店までの道中、フェンスに囲まれた小さな公園がある。







古い遊具が2つ3つ、入口にペット侵入禁止に大人は入ってはいけませんと看板。
そんなハードルの高い公園で遊んでいる子供を未だ嘗て私は見たことがない。






何よりも気になるのが、そのフェンスに寄りかかるようにしっかりとした幹に枝、
シーズンが来ると、たわわに実る の木 が公園入口にそびえていた。






始りはこんな感じだった。






ある日の出来事、見上げていた大きなの木が、背丈ほどに裁断され、
その哀れな姿が突然目に飛び込んできた。
それまでさほど気に留めていなかった私に少し残念な感情が芽生えました。
実のなる木、それもダイナミックに。街中での季節感を私なりに楽しんでいたのでしょう。






もう一つ何故の理由を探した。







そう言えば確かにカラスが来ていた。
完熟した実を楽しみにしていたのは私だけではなかったのだ。
落ちた実が道路に散乱していたことも記憶にある。







汚れた道路・・・・・潰れたの実を誰かが片づけ、道を綺麗に掃除していたのだ。
ある人にとっては迷惑な話なのかもしれない。それぞれの立場で見え方が全く変わってくる。







その後、数年での木は復活し、又、以前と同じように実を実らせた。






それ以来何年かの周期で同じように裁断され、又実りを繰り返していたある年の事。






根元から10センチくらいに切られている光景に私は ハッ とし、
まじまじと切り株を眺めていました。
エッ と言う感覚からしばらくし、残酷な・・・・・と言うような感情に気持ちが移行し、
カリカリになった根元の切り株を改めて見た時、正直もう終わったと思いました。






それから一、二ヶ月ほどでしょうか、根元から4か所ほど新芽が伸び、
長いもので20センチ程成長した姿を見た時、
こいつ凄いなと想う気持ちと、又やられやしないかと言う不安な気持ち。
成長を期待する気持ちの入り混じった数週間後、
付近の雑草と一緒にもぎ取られてしまいました。






クソッ 完全にの木側を応援している。
 今、復活の機会を窺っているの木に私は目が離せない。


d0163558_13363190.jpg










この街にこの木が の木 だと知る者は・・・・・
          私とビンゴを除いて・・・・・いったいどのくらいいるのだろう。




















                        株式会社メリケンヘッドクォーターズ
                                  入舩郁也





































[PR]
by merican-hq | 2015-10-13 11:00








学費を稼ぐ為、バイトを掛け持ちしていた。







いつも誰にも言えない用事があった。







そんな私が就職する時のエピソードを少しお話ししたいと思います。







当時は学生が非常に多く不動産業界やレジャー・ホテル等、サービス産業に光が当たっていた。







Uターン就職を希望していた私は、神戸のアパレル企業・注目産業に的を絞り活動していました。
採用するやらしないやら、一次面接に試験、二次面接、三次面接、役員面接・・・・・
社会人一二年生の研修を兼ねた懇親会、
正直ウンザリしない方がおかしいと思うような企業も沢山ありました。
たび重なる交通費に的を射ない会話に時間・・・・・。







業を煮やした私がここぞと決めた企業の面接時、目の前の常務に言いました。







今、決めていただけるのならば、私はこちらでお世話になります。他社も受けません。
何故御社に・・・・・説明しました。
何か問題があり、不採用と言うならばいたしかたありません。
残念ですが縁がなかったと諦めます。これ以上時間をかけても双方とも不利益です。
いかがでしょうか。今、この場でお返事いただけますか。
学生の分際でよくもまぁ・・・今考えるとよくもまぁ・・・
しかし笑ってしまいそうですが事実です。






予報では晴れの天気のはずが、結構なにわか雨、一着しかもっていなかった紺のスーツが
重たく感じたのを覚えている。







この年齢になり、当時の生意気な私に今の私が面接していたならばと思うと・・・・・
様々な想いが交錯する。
最高の笑顔で答えて頂いた常務、本当に感謝いたしております。
採用とその場で決定いただいてからの面接中の雑談・・・・・
ご自身の趣味にも触れ、楽しそうにお話しされていた記憶が甦ります。







私を信じ、勝負していただいた。それに報いる為、がむしゃらに仕事をしました。
そして営業から企画MDとなり、今の私がいます。






近頃、学生の方からお会いしたいと社の方に電話がある。
何処に就職した。ではなく、その会社で何をやるか。







・・・・・・・・・・・・      







生業を通して自身の・・・・・
    生き様をどのような形で表現できるか。勇気を持っているか。






心の中で自問自答していたあの頃と今、何も変わっていない自分を生かしてくれる環境に感謝し、今では趣味について楽しく話せる若者も決して少なくないと・・・・・感じる今日この頃です。











                                        株式会社メリケンヘッドクォーターズ
                                                     入舩郁也













[PR]
by merican-hq | 2015-10-01 11:00