ブログトップ

メリケンヘッドクォーターズ MHQ

merican198.exblog.jp

過去・現在・未来のLoopline

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧







そっと食事をしていると質問されているスタッフを横目に・・・・・
さらにそっと聞き耳を立てる。
真面目にお答えする場面と・・・・・そして時には会話を繋ぐ目的のお客様に
ツラツラとお話しをする。それも野暮な訳で・・・・・






接客業と言うのは本当にレベルの高い職業です。
相手の気持ちを瞬時に読み取り、
例えば、おつりを渡す瞬間ならば短いセンテンスで核心を突く。






鹿鳴茶流で耳にする・・・・・これ何?・なぜ?







カウンター上の浮を見て話しに花が咲くお客様もいれば、へー・・・・・
~ih、~ih&blvd.で耳にする・・・・・どう読むの?・なぜ?







レジカウンターを挟んで徐に・・・・・







それでいいのだ。
私が助け船を出すまでもない。いつか気づき・・・・・自身の力量を図る物差しになるのだから。
そしてそのことが、お客様との距離、踏み込む切っ掛けとなる。
勇気のいる仕事ですが、実はそんな些細なことから始まるのです。








お店としてお客様と繋がるも、商品でお客様と繋がるも、人でお客様と繋がるも
考え方はそれぞれだと思う。








ただ人を育てたいと思うのならばこの場合、口を挟んじゃいけない。








そしてお客様が何故?と疑問に思うこと・・・・・
店員ならば答えられなければいけないし、自身が理解できていないならば
努力し、深めていかなければならない。
それでも理解できないならば、聞かなきゃいけない。
教えてもらうまで待つな・・・・・時は流れているのですから。







もう一つ、自分たちのフィロソフィーを理解せずにこの仕事に携わってはいけない。







お客様の中には全てを理解されている方もいらっしゃいます。
d0163558_10561654.jpg









ー Why  ー  Michel Petrucciani でも聞きながら・・・・・







d0163558_1057784.jpg





絶え間ない努力を目の当たりにし、
この震えるほど美しい音楽に自身の感情を乗せたとき、
ミッシェル・ペトルチアーニ





d0163558_10574931.jpg












もっとやれるはずだ・・・・・










私はそう思うのです。













                       株式会社メリケンヘッドクォーターズ
                            代表取締役 入舩 郁也















































[PR]
by merican-hq | 2015-06-20 11:00












80年代感じた・・・・・ future・・・・・ 随分変わってしまった気がするが










今でも・・・・・わたせせいぞう さんが描く 夏の大人の女性が好きです。
つば広帽子と私がデザインしたロングサンディエゴの白・・・・・主人公に着て欲しいな・・・






d0163558_10171477.jpg




ピュアな感じ・・・・・きっと似合うと思います。






あのころの夏と・・・・・風景も随分と様変わりしたが・・・・・







何の情報もなく感動した感覚・・・・・
あのころの気持ち・・・・・大切にしたいな・・・



d0163558_18434412.png



その時男は・・・・・チャンギーパンツにアンライバルシャツ腕まくり、
海の見える坂道をシュウィ―ンの自転車立ちこぎか・・・・・









ちょっとKOBEぽいでしょ。








 d0163558_18512615.jpg                                















                                                                    ikuya
[PR]
by merican-hq | 2015-06-13 11:00








現代の情報化社会は進化したツールにより、細分化されたそれぞれの趣味嗜好をより深いものとし、攪拌させ、その膨大な情報の中でより細かなCommunityが仲間意識を生み出し、影響を受けた者がニアーな行動をとり、又それに影響を受けるという連続した動きを見せる。その中でさらに強弱が生まれ、後に影響力の強い者の発した言動や文字、行動によって、大衆は右に左に動きを変える。






新しいマーケットが生まれたと思えば消え又生まれる。
みなが行列を作っているものが良いものであり、売れているものが良いものと考える。正論です。
ただそこなのかというところで生産背景や手間を見いだせたならば、私共の職業は大変苦しい仕事であります。同一アイテムを微調節しながら生産し続ける。







改めて目の前や真横にある本物を見つける目や舌を持つ。この感覚、いや臭覚が大切な時代なんだと
つくづく思います。結論から言いますと何を生業にしようと、どの層で生きるのかと言うことです。お客様に提供するサービスが自身が自ら選択した物で、生活が成り立っているならば、
その方は素晴らしい人生を送られたのでは・・・・・と思います。







プライドは高く腰は低く・・・・・哀悼の意を表します。












                          株式会社メリケンヘッドクォーターズ

                                      入舩郁也









































[PR]
by merican-hq | 2015-06-04 14:44